妊活、パタ活、イクメンと、いろんなステップの情報をパパたちと共有したいです。

父親だからこそ育児に参加したい

未分類

お産を軽くするために。パパも手伝えるマタニティヨガ

更新日:


最近日本だけでなく、世界中でブームが広がりつつあるヨガですが、そのヨガの中に妊婦さん向けの「マタニティヨガ」というものがあるのをご存知でしょうか?

このマタニティヨガは妊婦さん向けに考案されたもので、無理な体制や危険なポーズをとることはありません。

寄りお産の負担を軽くするために、激しい運動のできない妊婦さんには人気です。
ただし、ゆっくりとした動きのヨガといえども油断は禁物。どんなことが起こるか分かりませんから、パパと一緒にやることをおススメします。

パパとしてはママとのスキンシップが増えるのでこれまたおススメです!

そもそもマタニティヨガって?どこでできるの?


適度な運動とリラックス効果は安産の秘訣と昔から言われています。

ヨガ自体、もともと運動とリラックスを兼ね備えたものになりますので、このマタニティヨガは出産前の運動にぴったりなんです。

この「運動」と「リラックス」というのはどちらも筋肉を柔らかくさせる効果があります。
筋肉が柔らかくなると、骨盤も開きやすくなるため、安産になりやすいというわけです。

また、妊娠中は動くことが減りますので、運動不足の解消にもなりますね。

また、最近ではマタニティヨガを取り入れている病院もあり、診察に来院したついでにマタニティヨガをすることもできます。

もし、行きつけの病院でマタニティヨガを開催しているようでしたら、一度参加してみてはいかがでしょうか。

簡単なポーズばかりなので、家でも簡単にできるものばかりです。特に体重制限のかかっているママにはぜひやっていただきたいところですね。

始める前に診察を

もし、マタニティヨガを始めようと思っても、すぐに始めるのはおすすめしません

マタニティヨガを始めるのは安定期に入ってからになります。
また、お医者さんの許可ももらっておきましょう。

マタニティヨガには難しいポーズがありませんので、正しいポーズを覚えてしまえば自宅でもすることができます。

ただ、自宅だからといって絨毯やカーペットの上でやってしまうと滑ってしまう危険性もありますので、なるべくヨガマットを使用しましょう。

もし、マタニティヨガをしているときであっても、お腹が張ってきたらすぐに中断しましょう。

お母さんに不調があると、生まれてくるお子さんにも影響が出てしまいます。
少しでも不調を感じるようなら、すぐにお医者さんに相談しましょう。生まれてくるお子さんのためにも、まずは自分が健康である必要があります。何も問題なければそれに越したことはありません。

妊娠中は精神的にも肉体的にもストレスを感じやすくなってしまうものです。
マタニティヨガはそのストレスを和らげてくれる効果もあります。
運動をすることでもストレスは解消できますし、さらにリラックス効果で心を落ち着かせることもできます。

パパも参加するマタニティヨガ

では、マタニティヨガを行うときにパパができることはどんなものでしょうか?

「開脚のポーズ」で引っ張ってあげる

妊娠中や安産に向けた体作りにおいて、おすすめのマタニティヨガのポーズが、股関節回りを伸ばして柔軟にする「開脚のポーズ」です。

腰回りから上半身のバランスを強化することにより、全身の代謝アップにもつながります。

基本的には開脚のストレッチのようなものですが、普段から重いお腹を支えているために妊婦さんは腰が固まりがち。

パパがゆっくりと引っ張ってあげることで無理なくじっくり伸ばすことができます。


「胸開きのポーズ」で支えてあげる

妊婦さんの悩みの種であるこりとむくみにおすすめなのが「胸開きのポーズ」です。

主に上半身の血の流れを促進し、背中・肩のこりを緩和させたり、むくみをケアしたりするのに効果的です。
立ってやっても座ってやっても大丈夫ですが、バランスを崩すといけないので、座ってやることをおススメします。

胸の前で手の平を合わせ、ゆっくり合わせた両手を上へ伸ばすというものですが、これも普段からお腹を支えることの多い妊婦さんは肩や背中が固まりがちです。

手を伸ばす際に二の腕を支えてあげるときれいに伸ばす手伝いができます。

他にも猫のポーズでお腹を支えてあげたり背中合わせになって呼吸を合わせてみたりと、いろんなポーズに合わせてパパも一緒に行うことができます。

ヨガの教室によっては、産後でも赤ちゃんやお子さん、パパを連れて参加できるところもあります。
もちろん、お母さんだけの参加も可能です。

男性は普段からあまりヨガをしていないこともあり、服装に悩む方も多いかと思いますがそこまで深く考えずに、自分が動きやすい・着心地がいいと思えるものにしましょう。

減りがちなパパとのスキンシップが増えることで、ママにもストレス緩和などの好影響があると言われています。

妊娠中の期間というのは1年もありません。さらにそこからマタニティヨガをする期間はさらに短くなります。
そんな短い期間のためだけにわざわざ新しく服を買う必要は特にありません。

自分がリラックスできる服装で、構えずに臨みましょう。

さいごに

妊婦さんが健康であるということは、出産時に万全の状態で臨めるということにもなります。

出産時にはかなりの体力を消耗しますので、妊婦さんが最初から体調を崩していたら、元も子もありませんし、出産が長引いたとき、お母さんにもお子さんにも負担がかかってしまいます。
生まれてくる子供の健康は、まずはお母さんが健康であることから始まるのです。

しっかりパパも支えてあげましょうね。







-未分類

Copyright© 父親だからこそ育児に参加したい , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.