妊活、パタ活、イクメンと、いろんなステップの情報をパパたちと共有したいです。

父親だからこそ育児に参加したい

イクメン生活

パパの存在感を子供の心に刻み込むセリフ3選

投稿日:

普段から忙しいパパにとっての子どもとの会話は、たとえ数分、一言二言でもパパの思いを伝え、子どもを伸ばす貴重な時間。その貴重なチャンスに、子どもの心に響かせ、パパの存在を残せるセリフを言えるのでしょうか。
今回はそんなセリフ3選をご紹介します。忙しい毎日の中でも、思いのこもった言葉を投げかけるだけで、子供とのつながりも深くなりますよ。

「今日も会えてうれしいよ」

朝、子どもが目覚めたときに伝えます。

ギューッとハグもすれば、なお効果的です。こんなセリフ、日常的に使うには、少々大袈裟に感じるかもしれません。

朝、ふかふかの布団の中で子どもが目覚め、自分の顔を見て、安心して「おはよう」と言ってくれる。それだけで奇跡のような幸せではないでしょうか。

毎朝伝えていれば、子どももいつか、「自分は大切にされている」ということだけでなく、「人生には生きる価値がある」みたいなことを、ぼんやりと感じ取ってくれるようになるはずです。感謝の気持ちを忘れない人に育つはずです。

「いい質問だねぇ!」

子どもはときどき、答えなんて存在しない突拍子もない質問をします。
正解を教えたりいっしょに考えたりすることも大切ですが、もっと大切なのは「えっ?なんで?」とか「これ、おもしろい!」などと感じる感性を伸ばすことです。

「センス・オブ・ワンー」というやつです。
だから、まずひと言「いい質問だねぇ」と伝えるようにしてください。
たとえパパが質問にちゃんと答えられなくても、「いい質問だねぇ」と褒められただけで子どもは満足してくれたりするものです。

「ママにはナイショだよ」

たとえば公園の片隅に名もないかわいい花を見つけたとき、「あ、こんなところにかわいいお花があるよ。よし、ここにかわいいお花があることは、パパと○○ちゃんのふたりだけの秘密にしよう」と言うのです。

子どもは秘密が大好きです。パパと秘密を共有することで、単なるお散歩が、秘密の国を旅してきたかのような印象に変わります。「ナイショだよ」は、何気ない日常を、非日常に変えてしまう魔法の言葉なのです。

家族との時間を増やそうと思ってもなかなか難しいでしょう。
であればまずはそこにある時間に集中することが大事です。家族時間は量より質と考えることです。そうすれば、量は後から付いてきます。

短い時間でも子どもの心にパパの存在感を刻み込むマジックワード

仕事に家事に忙しい方でも、しっかりと子供とコミュニケーションをとることはとても大切です。

いつか、一緒にお酒を飲める日が来るまで頑張りましょう!







ブログランキング

-イクメン生活

Copyright© 父親だからこそ育児に参加したい , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.