妊活、パタ活、イクメンと、いろんなステップの情報をパパたちと共有します

パパからみた育児生活

健康

アルコールだけでは太らない?そんなことはありません。

投稿日:

この年齢になってくると、なかなか痩せなくなってきました…
お酒が好きなのが恐らく原因なのでしょうが、妊娠中の嫁と同じくらいの大きさのビール腹になってきました。
それもこれも飲み会が多かったり、毎日飲んでるからなんでしょうけど…
知らなかったんですが、アルコールは度合いが高いものほど高カロリーになります。

体質によって個人差はありますが、「ほろ酔い初期」の段階でとどめておくのが適量と言えます。これ以上飲み続けると、肝臓はもちろん、脳や胃腸・心臓といった様々な臓器に悪影響を及ぼしてしまいます。適量を守って、楽しくお酒を楽しみたいものです。※カロリーは1人前の平均値を掲載していますが、店舗や調理法などによって異なります。あくまで目安としてご利用下さい。

>太ることを気にせずお酒を楽しむ時には
>お酒- アルコールのカロリー
>お酒- カクテルのカロリー
>「酒は百薬の長」であるために

太ることを気にせずお酒を楽しむ時には

・アルコールで本当に太るの?

アルコール自体は、実はそこまで高カロリーではありません。アルコールのカロリーは、血行の促進や体熱の上昇などに消費されて完全に燃焼し、身体の組織にはならないと言われています。しかし、食欲が増幅され、適量を守りきれずに暴飲・暴食を繰り返してカロリーオーバーとなってしまうパターンが多いのが現状。
また、お酒の適量は守っているのに太ってしまう…という方は、油っこいおつまみばかり食べてはいませんか?夜遅くまで飲んでいる場合は、過剰なエネルギーが消費されずに体内に蓄積されやすくなりますので、結果的に脂肪となって体についてしまいます。
また、夜にお酒を飲む習慣を持つ方は、次の日の朝食を抜く傾向にあります。朝食を抜くと、体は脂肪を溜め込もうとしてしまうために太りやすくなってしまうのです。ダイエット中であれば、くれぐれもほどほどに。

・アルコールで本当に太るの?


カロリー過多の時にアルコールを飲むと、脂肪の代謝を悪くすることが知られており、これが内臓脂肪をためこむ原因になっているのではないかと言われています。
逆に節食状態の時にアルコールを飲むと、カロリー以外の身体に必要な栄養素が確保できないため、健康を害する危険性があります。飲酒のために食事を減らす方もいらっしゃいますが、代謝に必要な栄養素が不足してエネルギーをうまく活用ができないと、最終的に体脂肪が蓄積しやすい身体になってしまいます。

お酒 - アルコールのカロリー

生ビール
(大ビン1本)
焼酎(コップ1) 生ビール
(中ジョッキ)
250kcal 250kcal 200kcal
日本酒(とっくり1本 コップ1杯) 紹興酒(1合180ml) ウイスキー
(ダブル1杯)
200kcal 200kcal 150kcal
サワー 老酒(100ml) 生ビール(ロング
グラス250ml)
140kcal 105kcal 100kcal
グラスワイン
(120ml)
ウーロンハイ
(コップ1杯)
シャンパン
(グラス1杯80ml)
100kcal 90kcal 80kcal
ウイスキー
(シングル30ml)
ブランデー
(シングル30cc)
バーボン
(シングル30cc)
75kcal 75kcal 65kcal

・ダイエット中なら、アルコールは100~200kcalまでに!

100gあたり、清酒には5.0g、ビールには3.1g、ワインには2.0gの糖質が含まれていますが、焼酎やウイスキーには含まれていません。
そこで、焼酎やウイスキーは水割りにして薄めればエネルギーを抑えることができます。
ワインは、赤の方が少し低カロリー。抗酸化力があり、成人病の予防にも効果があると言われているポリフェノールも多く含まれている。白ワインは、大腸の腸内細菌のバランスを整える作用が。

お酒 - カクテルのカロリー

カルアミルク グラスホッパー アレキサンダー
205kcal 205kcal 200kcal
マイタイ カシスオレンジ スクリュードライバー
185kcal 176kcal 150kcal
ダイキリ ブラッディメアリー マルガリータ
135kcal 125kcal 125kcal
マンハッタン ドライマティーニ ジンライム
120kcal 115kcal 110kcal
ラムコリンズ ピンクレディ キール
105kcal 95kcal 70kcal

「酒は百薬の長」であるために

・お酒はあくまで健康的に楽しもう

飲み過ぎたり食べ過ぎたりして、ついカロリーオーバーしてしまいがちなお酒。「酒は百薬の長」という言葉が古くからある通り、飲み過ぎずに適量を守れば、ストレス解消やリラックス効果で1日の疲れを癒してくれます。自分のペースでゆっくりとお酒を味わい、笑いながら楽しく飲むようにするのが一番です。

・週に2日は休肝日をもうけ、お酒に依存しないように

お酒をよく飲む方は特に、1週間に1度お酒をまったく飲まないで肝臓を休める日「休肝日」をもうけることが必要です。また、寝付きが悪いからと寝酒が習慣化すると次第にアルコールの代謝が早くなり、量が増えていく傾向があります。飲酒を習慣とせず、依存しないように適量を心掛けましょう。

-健康

Copyright© パパからみた育児生活 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.